高齢者の介護予防とリハビリ

老後の不安は介護予防で解消を!

山陽小野田市セメント町にあるリハビリデイサービス プラスワンです。

高齢化に伴い、日本では介護を必要とする高齢者の数が年々増えてきています。

年齢階層別に要介護(要支援)認定率を見ていくと、高齢になればなるほど要介護や要支援となる人の割合が高まり、80歳から84歳の高齢者の3人に1人、85歳から89歳の高齢者の半数が何らかの介護が必要な状態となっていることからも分かる通り、私たちの老後において“介護”は大きな暮らしを左右するキーワードです。

その目的は、高齢化がますます進む昨今において、幅広い世代がいつまでも健康的に生き生きと過ごしていく、ということ。また、膨れ上がる介護保険費を少しでも抑えたいという財政的な見直しの目的から、2006年4月に改正された介護保険法の中で、高齢者が要介護状態になることを防ぐ目的として「介護予防」の項目が追加されました。

また、全国各地で介護予防のための健康寿命延伸への取り組みが地域をあげて始まっているなか、高齢者にとっては、日常生活や食生活に気をつけて、少しでも元気で自立した毎日を送ることが最も大切なこととなってきています。

介護難民や老後破産、老老介護など老後の暮らしに不安を覚えることが多い、この時代だからこそ、さまざまな介護予防プログラムを積極的に利用して健康で、そして自立した暮らしを送れるように努力することの重要性がますます高まってきているのです。

介護予防とは?

介護予防とは、早い段階で老化のサインをとらえ、介護が必要な状態になる前に予防策に取り組み、健康や身体機能を維持するというもの。2025年には団塊の世代が75歳以上となり介護を必要とする高齢者が増々増えてくることが予想されているなかで、各市区町村における地域包括支援センターや民間団体が主体となった、介護予防事業への様々な取り組みが増えてきています。

厚生労働省では、これからの介護予防を「リハビリ専門職スタッフ等を活かした介護予防の機能強化」「住民が運営する通いの場の充実」「高齢者の社会参加を通じた介護予防の推進」の3本を軸として、高齢者が日常生活をより充実させ、家庭や社会で生き生きと暮らせるような環境づくりが大切になってくるとしています。

こうした考えに基づき、地域で生活機能の低下した高齢者に対して、日常的に運動機能や口腔機能の向上を目的とした体操やゲーム・レクリエーションなどの場づくりや、栄養の改善などの勉強会を行うことを推進し、全国各地域で様々な取り組みが始まっています。

また、厚生労働省では65歳以上で介護予防の必要がある高齢者の介護予防に役立てようと、運動機能や口腔機能、生活機能、うつ、栄養状態、認知症、とじこもり等の症状や機能を簡単に25項目の設問に答えることでチェックできる「基本チェックリスト」を作成しています。

チェックの結果によって必要と認定されれば市町村にある地域包括支援センターなどの介護予防窓口が紹介している介護予防のための教室やサービスなどに参加できるようになっています。まだやったことがないという方は、是非チェックしてみてはいかがでしょうか?

この基本チェックリストが上記に該当する場合、市町村が行う日常生活支援総合事業が利用できる可能性があります。

 

リハビリデイサービス プラスワンでは、この日常生活支援総合事業の通所型サービスをおこなっています。

プラスワンでは見学、体験していただいたかたに基本チェックリストの受け方などのサポートを生活相談員がさせていただきます。

最近、体力の低下が気になる、歩きに不安がある方などのご来所お待ちしております。

 

リハビリデイサービス プラスワン

見学・無料体験実施中

☎0836-39-7887