それは老化ではなくサルコペニアという疾患かもしれません

山陽小野田市にあるリハビリデイサービス プラスワンです。

歳をとると当たり前のように感じる「活動的じゃなくなる」、「筋力低下(力が入らない)」は、自然な老化現象ではなく「一つの病気」である場合があります。

サルコペニアと呼ばれるその病態について、定義、原因、対応策を調べました。

 

サルコペニア診療ガイドライン

最近、サルコペニアの診療ガイドラインが発刊されたそうです。

診療ガイドラインはたくさんの種類がありますけど「サルコペニアの診療ガイドライン」は日本初だそうです。1)

今後5年を目処にエビデンスを蓄積し、改訂をしていく予定だそうです。

参考:サルコペニア診療ガイドライン 2017 年版の CQ とステートメント2)

 

サルコペニア?

そもそもサルコペニアって何?

と思われた人もいるかもしれません。

 

サルコペニアの定義からおさらいしてみましょう。

サルコペニアは

高齢期にみられる骨格筋量の低下と筋力もしくは身体機能(歩行速度など)の低下

と定義されています。

 

「え?」って思いませんでした?

 

高齢で骨格筋量が低下していて、かつ筋力が低下していて、運動機能に低下が見られるケースなんて、当たり前じゃないの?と感じませんか?

 

日常的にあまりにもそういうケースが多いので、患者さんも家族も医療者も、「自然の成り行き」と感じてしまっているのが現状ではないでしょうか?

確かに、加齢によって異化が亢進(あるいは同化の減弱)していたり、食物から栄養が吸収しにくい状況にはなっているのは自然な加齢現象のように見えます。

 

大きな問題があるとしたら

  • 医療行為によって人為的に作ってしまったサルコペニア
  • サルコペニアの状態になった後も対策が練られない

 

ではないでしょうか?

 

サルコペニアは2016年10月に、独立した疾患として国際的に認められています。

ADL低下リスクや、既存の疾患の予後に影響を及ぼすことが、報告されているそうです。

それでいて国際的な診療ガイドラインは存在していなかったそうです。

 

世界トップクラスの高齢化スピードを誇る日本でガイドラインが策定されたのは、頷けますね。

 

 

高齢者によくみられる状態

サルコペニアの原因として

  • 不活動
  • 低栄養
  • 疾患(代謝性疾患、消耗性疾患)

が挙げられています。

 

先ほども触れた話ですが、

「最近動きが減って、椅子にずっと座っていたり、寝ていることが増えた」

「食事を残す、少食になった」

というシーンは高齢者にはよく見られます。

 

「歳だからね。。。」と。

 

で当事者も周囲の人も納得してしまうんですよね。

 

そういう自然発生的なものもあれば、怪我や疾病による「急性期処置」において

  • 不活動
  • 低栄養

が生まれてしまう場面もあるわけです。

対応策は?

サルコペニアになっているケースに対してエビデンスレベルが高く、推奨される治療法というのはまだ報告されていないみたいです。

しかし、予防としてできるのは「関係する人々の連携」かもしれません。

そして、

  • 日頃から観察すること。
  • 観察される場に出向くこと。
  • そういう場を構築すること。

なのかもしれません。

 

運動や栄養摂取や薬物管理が決定打にならない以上、サルコペニアの状態になってからは打つ手なしなように感じます。

 

そうなれば、サルコペニアの状態にしないことを目指さなければうまくいかなくて、それを実践するには他職種で連携していかないといけません。

私たちリハビリデイサービス プラスワンでは、ケアマネージャー様はもちろん他の利用している事業所と密に連携をおこない、サルコペニアの状態にならないようにご利用者様の小さな変化も見逃さないように努めてまいります。

 

リハビリデイサービス プラスワン

見学・無料体験随時実施中

お問い合わせは☎ 0836-39-7887

山口県山陽小野田市セメント町6-2太陽ビル1階テナント3