高齢者のダイエットに有酸素運動は不向き

おはようございます。

山陽小野田市セメント町にあるリハビリデイサービス プラスワンです。

 

おかげさまでオープンから2週間を迎え、少しづつご利用者様も増え、にぎやかになってまいりました。

 

皆さんダイエットには興味がありますでしょうか?

肥満傾向の場合、高血圧などの循環器疾患や体重の増加から関節に負担がかかり変形性膝関節症などの関節の痛みなどを引き起こす原因となることがあります。

 

このようになることを防ぐために、ダイエットはとても重要です。しかし、ダイエットといえば脂肪を燃焼するために有酸素運動を行うといくことが一般的ですが、実は高齢者に限っては摂取カロリーを減らしつつ、筋力トレーニングをすべきだという研究結果が「obesty」11月号に掲載されました。

 

米ウェイクフォレスト大学健康運動科学助教のKrinsten Beavers氏らは高齢者249人(平均年齢67歳)を対象に研究を実施しています。結果として食事療法のみの群は4.5㎏の減量に対し、週4日筋力トレーニングを追加した群では7.8㎏の同じく週4日有酸素運動を追加した群では6.8㎏の減量に成功したと述べています。

 

また「除脂肪筋肉量」は筋力トレーニング群で0.8㎏、食事療法軍は1㎏であったのに対し、有酸素運動軍では1.6㎏と多くの筋肉が失われた結果となりました。

 

今回の研究より、脂肪の減少と筋肉の維持を目標とするならば、筋力トレーニングが最適であることが示されています。

 

お問い合わせは

リハビリデイサービス プラスワン

0836-39-7887