室温・湿度管理でインフル予防 20度以上、50~60%が理想

 山陽小野田市にあります。リハビリデイサービス プラスワンの道祖です。

朝起きたときに、喉がカラカラになっていることはないでしょうか?「乾燥した部屋で口を開けて寝ているのが原因。インフルエンザウイルスが浮遊していたら、感染する可能性がある」と指摘されています・

 インフルエンザは、インフルエンザウイルスを病原体とする気道感染症。日本では毎年冬に流行します。冬場は大気が乾燥しているが、部屋の暖房によって更に乾燥がすすみます。空気中に水滴など水分が少ないと、せきやくしゃみなどで勢いよく出た飛沫は遠くまで飛び、それらに乗って、インフルエンザウイルスも拡散してしまいます。

 ウイルス表面にはタンパク質のとげが突き出しており、人が吸い込むと喉の上皮細胞にくっつくき、その後、人の細胞の仕組みを乗っ取り、増殖を開始。「1個のウイルスが1日に1万個にも増える」といわれています。

 感染する力を弱めためになにができるのでしょうか?。「インフルエンザウイルスは寒冷乾燥を好み、高温多湿に弱い」(瀬戸口教授)といわれています。1961年に研究者のG・J・ハーパー氏は「温度20度以上、湿度50~60%で空気中での感染力が下がる」ことをつきとめました。

 そのため、インフルエンザ予防には手洗い、うがいに加え、このような加湿が重要となります。

 ぜひ、お部屋に1台加湿器を準備してみてはいかがでしょうか?

見学・体験は随時受付中

リハビリデイサービス プラスワン

TEL 0836-39-7887